フォトフェイシャル 治療

フォトフェイシャル治療について

フォトフェイシャル治療を受ける時には、施術をする場所や担当する先生により多少差があるので、事前に調べておくようにしましょう。
フォトフェイシャルの施術の大まかな流れについて説明します。

 

まだ治療を受けたことがないという人は、あらかじめカウンセリングを受けることです。
フォトフェイシャルによって肌のどの部分を改善したいものなのか、あらかじめ伝えておきましょう。

 

化粧を除去してからでなければフォトフェイシャルをすることはできませんが、メイクをしてその場所に行き、直前にクレンジングでメイクオフが可能です。
皮膚に輪ゴムを当てて軽く弾いた時のような痛みを皮膚に感じることがありますが、痛み自体はさほどのものではありません。
照射する回数は、病院などにもより差がありますが、100回から200回程度になるケースが多いようです。

 

フォトフェイシャル治療が終わると、患部を冷やすように、冷たいタオルなどをくれますので、それで冷やしておきます。
皮膚に異常がないことが確認できれば、フォトフェイシャル後にメイクをしてから帰れます。

 

フォトフェイシャルの治療をしたその比のうちにシャワーも浴びられますし、生活に支障はありません。
フォトフェイシャルでは、治療を行った部位がだんだんとかさぶたになります。
下手に触らないで、かさぶたはそってしておいてください。
できてから1週間程度でなくなり、お肌の状態は改善されていくでしょう。

 

短時間にできて、ふだん通りの生活ができることから、フォトフェイシャルの治療は気軽に受けて皮膚を改善していくことができます。

フォトフェイシャル治療の方法について関連ページ

小顔の天敵たるみは老化が原因!
小顔になりたいと思っていても、たるみがあっては実現しません。老化を防ぐケアをおこなうことで、たるみを解消しましょう!マッサージや生活習慣の改善でみるみる効果を実感できますよ!